「富士芝桜まつり」+「芦ノ湖テラス」
2015年5月23日
前に戻る



 朝7時に我が家を車で出発。途中江戸川区小岩に立ち寄り彼女を拾って、首都高速から中央道を通って一路河口湖方面に向かってひた走る。
 都心を抜けるまでは渋滞の連続、中央道に入ってもまたまた渋滞である。途中、石川PAでトイレ休憩し、結局、道の駅なるさわに着いたのは11時半近くで、160キロを4時間以上かかってしまった。
 道の駅なるさわで、昼食休憩を取り、直ぐに「富士芝桜まつり」会場に向かった。入口で係員から「今日は三分咲きですが、それでも良ければ入場ください」と念を押された。千葉から遠路はるばるやってきて、ここで引き返すわけにはいかない!!
 係員の言葉通り、観光客は閑散としていて、芝桜もまばらであった。残念!!
 これなら「入場料は半額くらいにすべきである」と思った。
 それと、芝桜の中に入ってポーズをとって写真撮影しているマナーの悪い中国人やイスラム圏の人たちのグループが目に付いたのが残念である。

富士芝桜まつり・三分咲き
富士芝桜まつり・三分咲き
富士芝桜まつり・三分咲き
富士芝桜まつり・三分咲き
富士芝桜まつり・三分咲き
富士芝桜まつり・三分咲き
富士芝桜まつり・三分咲き
富士芝桜まつり・三分咲き



 以前に行ったことのある「北海道東藻琴村の芝桜」や「秩父羊山公園の芝桜」の素晴らしさを知っているだけに比較してしまって、残念な「芝桜まつり」だった。しかし、駐車料金と入場料金を払ったので、じっくりと観光させてもらった。そして、来年の満開の時期に再訪することにした。
 その後、夕食する予定の元箱根のイタリアンレストラン「ラ・テラッツァ」に向かった。
 富士パノラマライン(R139)を富士宮に南下して、新富士ICから新東名に乗り、駿河湾沼津SAで休憩、ここで給油してから長泉沼津ICで下りて伊豆縦貫自動車道に乗り箱根に向かった。
 元箱根には3時に到着、箱根神社の無料駐車場に車を止め、夕食にはまだ早いので箱根神社にお参りをした。今回で二回目かな?
 イタリアンレストラン「ラ・テラッツァ」のディナータイムは、17時からなので、芦ノ湖テラス内のお店(ライファートストア/ブック&デザインストア/玉村豊男ミュージアム)で時間を潰した。
 ディナーは、彼女は白ワイン、私はノンアルコールビールで乾杯!
 前菜、そしてパスタとピッツァを二人でシェアし、デザートには美味しいジェラードを頂いた。前菜の初カツオのマリネはボリュームがあり香味野菜たっぷりで、とても美味しかった。

 帰路は、箱根新道から西湘バイパスに入り小田原厚木道路経由で東名高速で帰ってきました。途中から真っ暗になり、夜の首都高は久しぶりに走ったので、行先を確認するのに疲れました。

 あわただしい日帰り旅行で400キロ弱を走り、さすがに71歳の走り屋爺さんも疲れました。