2012年6月5日・6日
h.イマジンV号店訪問
前に戻る



       2005年型トヨタbB
 2009年9月に、東北・三陸海岸旅行の途中で碁石海岸にあるログハウスのジャズ喫茶店「h.イマジン」を訪れて以来、2年9ケ月振りに、震災後のマスター冨山氏の様子を見に行ってきた。

 以前より、スリムになって元気で楽しそうに笑顔いっぱいで生きている姿に、安心と共に羨ましさを感じた。確か、冨山氏の方が2年先輩のはずだが、実に若々しい。

 冨山氏との出会いは33年ほど昔にさかのぼり、品川プリンスホテルや新高輪プリンスホテルの開業時にホテル・オンライン・システムの開発で、ホテル側の責任者としてお世話になり親しくさせていただいたのが縁でした。
 その後は、一緒に仕事する機会もなく、たまたま九段下の街中でバッタリお会いしたりということはありましたが・・・2009年9月の旅行の際に会ったのが20年ぶりくらいでした。

 今回、訪問した大船渡市の「h.イマジン」は3号店で、2012年3月11日にオープンしたばかりです。以前、碁石海岸にあったログハウスの1号店は、2009年2月11日未明に何者かによって放火され焼失し、マスターは隣人に救出され入院したそうです。

 その後、陸前高田市の旧町役場を大改造して造った赤と緑を基調にした個性的な2号店は、オープンして3ケ月で、あの大震災による大津波にさらわれてしまった。よくよく運の悪い人である。

 しかし、人柄のせいか、友人・知人、そして全国のジャズファンやオーディオマニアの善意の支援により、再び立ちあがり3号店のオープンに漕ぎつけたのである。

 私も、震災の際には、心配でインターネットやツイッターで消息を尋ねたり、わずかばかりの支援物資を送ったりしたが、なかなか現地まで出かけていくチャンスがなかった。今回やっとわが相棒であるトヨタbBで様子を見に出かけてみようと行動を起こし、往復で1133キロを休憩しながら15時間かけて爆走してきました。しかし、今日は、背中と腰が痛い、情けない68歳です。


hイマジンの歴史

hイマジンV号店(大船渡市)
2012年3月11日に開店


hイマジンU号店(陸前高田市)
2011年3月11日に大津波で流失


hイマジンT号店(碁石海岸)
2010年2月11日未明に放火で焼失









マスターの冨山氏と記念撮影(68歳と70歳の元気な爺です)