作者:佐竹扇
駄作と字余りは、ご容赦ください。
(推奨する文字サイズは「最小」です)

前に戻る

【一月(睦月・むつき)】  
  暗い中  帝釈天に  初詣 2007.01
  孫が来る  元旦の朝  ソワソワと 2007.01
  ゴロゴロと  今年もやっぱり  寝正月 2012.01
  初雪や  一人さびしく  雪見酒 2013.01
  雪道を  タイヤ鳴らして  ジム通い 2013.01
  寒の海  風が冷たい  海ボタル 2013.01
  湯の町に  エレジー消えゆく  伊東の夜 2018.01

【二月(如月・きさらぎ)】  
  昨日まで  漢江凍る  ソウルかな 1999.02
  冬の朝  雪に霞みし  北の庁 2000.02
  国稀に  メフンが珍味  北の旅 2000.02
  軽井沢  小雪舞い落ち  窓曇る 2009.02
  寒い朝  吐く息白く  舞い踊り 2009.02
  寒桜  散った花びら  風に舞う 2011.02
  河津川  川面に映える  さくら色 2011.02
  由布岳を  優しく包む  冬霞 2012.02
  冬の由布  車も凍る  夜の霜 2012.02
  父が逝き  降る雪の中  野辺送り 2012.02
  阿寒湖の  夜に花咲く  冬花火 2014.02
  北の夜  光が踊る  彩華凛 2014.02
  流氷に  一羽たたずむ  尾白鷲 2014.02
  雪まつり  闇に浮き彫り  マッピング 2014.02
  大雪で  帰路の便なく  宿探し 2014.02
  北は晴れ  なして東京  雪なんだ 2014.02

【三月(弥生・やよい)】  
  春の朝  嫌われ者の  杉花粉 2000.03
  杉花粉  老いの目に入り  春霞 2006.03
  雛壇に  ぼんぼり煌く  春の宵2006.03
  被災地に  春の訪れ  祈るだけ 2011.03
  春の宵  光輝く  ドイツ村 2014.03

【四月(卯月・うづき)】  
  花婿と  間違われたり  春の宴 2001.04
  桜咲き  華飾の宴か  わが娘 2007.04
  小野川に  春風香り  サッパ船 2008.04
  春なのに  曝が寂しい  華厳の滝 2011.04
  残雪が  冬の名残りか  華厳の滝 2011.04
  翡翠(カワセミ)の  飛来待つかな  花の池 2013.04
  異国語で  ざわめく上野  花曇り 2015.04

【五月(皐月・さつき)】  
  活き活きと  甍の波を  泳ぐ鯉 2009.05
  松前に  咲き乱れたり  八重衣 2009.05
  菜の花に  桜が映える  大潟村 2010.05
  薄紅の  はなみずき咲き  風そよぐ 2011.05
  藤色の  香りかぐわし  初夏の苑 2011.05
  芦ノ湖の  水面にゆれる  初夏の色 2012.05
  富士見上げ  遊覧船が  みぎひだり 2012.05
  御座之湯に  季節外れの  山桜 2013.05
  残雪が  名残り惜しそな  白根山 2013.05
  富士見上ぐ  香り漂う  芝桜 2015.05
  竜神湖  水面を渡る  薫風かな 2015.05
  薫風に  噴煙たなびく  箱根山 2015.05
  ネモフィラが  空へとつづく  みはらしの丘 2017.05
  山霧が  冷たく顔打つ  万座の湯 2018.05
  霜が降り  白髪まじりの  万座高原 2018.05

【六月(水無月・みなつき)】  
  しとやかに  紫陽花香る  梅雨の朝 2007.06
  初夏なのに  何も見えない  岩手の海 2012.06
  梅雨が来て  原尻の滝  元気なり 2012.06
  梅雨の朝  ラムネ温泉  長湯する 2012.06
  紫陽花が  そっと咲いてる  玖珠の山 2012.06
  九重の  霧にかすみし  大吊橋 2012.06
  梅雨の間や  紫陽花香り  風涼し 2015.06

【七月(文月・ふみづき)】  
  夏祭り  夜店並びし  中を行く 1958.07
  金魚とり  夢中になって  袖濡らし 1983.07
  夏の宵  夜空に咲いた  菊の花 1991.07
  夏なのに  長袖を着た  トマムの夜 2001.07
  摩周湖で  リスと遊んだ  夏休み 2002.07
  汗だくで  湿原散策  北の夏 2002.07
  知床の  霧に霞みし  峠道 2010.07
  霧の中  シャチを探す  羅臼の海 2010.07
  夏の湖  凛と佇む  尾白鷲 2010.07
  夏の田を  優しく守る  府馬の大クス 2010.07
  北の夏  豚丼づくし  太り旅 2011.07
  花薫る  風のガーデン  富良野の夏 2011.07
  紫陽花と  眠り地蔵の  麻綿原 2012.07
  紫陽花が  天拝園に  咲き乱れ 2012.07

【八月(葉月・はづき)】  
  夏の夜  河原にテント  野営する 1963.08
  暑い夏  ビアガーデンで  酔いつぶれ 1963.08
  長瀞の  暑さに負けて  かき氷 2000.08
  夏草や  どっこい生きてる  爺かな 2010.08
  黄花咲き  やっと夏だよ  ゴーヤ君 2011.08
  生ビール  太る心配  でも美味い 2013.08
  練り歩く  明かりまばゆい  ねぶた祭り 2017.08
  右左  竿燈揺れる  秋田の夜 2017.08
  北斎の  鳳凰見上げる  小布施の夏 2017.08

【九月(長月・ながつき)】  
  君といた  夏は遠くに  夢の中 1966.09
  ルリ色の  浄土の洞窟  秋の海 2009.09
  秋日和  黒い玉砂利  碁石浜 2009.09
  辰子姫  黄金に輝き  秋の湖 2010.09
  秋の夜  ハゲと白髪の  クラス会 2012.09
  秋の宵  オリンピックに  乾杯だ 2013.09
  朝もやに  匂い立つよな  離宮の湯 2018.09
  雨の中  霧にかすみし  大涌谷 2018.09

【十月(神無月・かんなづき)】  
  夢の中  恋より食欲  秋の宵 1966.10
  黄が多い  大沼湖畔の  紅葉かな 2001.10
  北の街  鮭と鰤とが  酒のあて 2012.10
  秋なのに  霰(あられ)が痛い  十勝岳 2012.10
  北の秋  雪に凍える  旭岳 2012.10
  駒ケ岳  雲間に霞む  秋の富士 2012.10
  秋日和  ススキの穂波  仙石原 2012.10
  秋の宵  友の訃報に  絶句する 2013.10

【十一月(霜月・しもつき)】  
  試合負け  二部に降格  秋の宵 1962.11
  吾亦紅  秋の野に咲き  我も恋う 2006.11
  陽に透けて  燃立つ様な  裏紅葉 2009.11
  もみじ山  パッチワークの  志駒川 2009.11
  秋の夜  灯りに浮かぶ  ゲート橋 2012.11
  花貫の  もみじ目に染む  渓谷美 2017.11

【十二月(師走・しわす)】  
  河豚と鯖  冬の大分  グルメ旅 2000.12
  冬の朝  白鳥が舞う  松ヶ丘 2009.12
  筋トレで  アチコチ痛む  冬の朝 2012.12
  ディズニーを  走り廻った  クリスマス 2013.12