夏の北海道・道央旅行
1997年7月11日 〜 14日
前に戻る

〜 若き日の思い出 〜
 26年振りの北海道でした。1971年(S46年)5月、27歳の時、失恋の痛手から北海道に向かった。仕事を定時に終えてからスカイライン2000GTXハードトップで出発した。四号線を北上、大型トラックを追い越しながら一晩中走りつづけた。途中気仙沼で休憩、翌朝9時近くに青森県大間港に到着。フェリーで函館に渡り、一週間もの間、カーナビも無く道路標識と地図だけが頼りの北海道一周旅行だった。昔は、予約無しの行き当りばったりでもスカGを乗り付けると旅館もホテルもすんなりと泊めてくれた。良い時代だったなあと思う。帰路は、さすがに疲れて、苫小牧から芝浦までフェリーで戻った記憶がある。その時以来で、26年前と比べて北海道の道路事情が一変していて、小型のレンタカーでも走り易いのには驚きました。



◆ 7/11 羽田空港 ⇒ 旭川空港 ⇒ 美瑛 ⇒ 富良野

ケンとメリーのポプラの木
セブンスターの木
マイルドセブンの丘
ファーム富田・ラベンダー
ラベンダー
色とりどりの花畑



◆ 7/12 富良野 ⇒ 小樽市

麓郷の森「北の国からのロケ地」
五郎の石の家
小樽「石原裕次郎記念館」


 「石原裕次郎記念館」では、館内撮影禁止となっていたらしいが、周りにいた観光客の誰にも注意されなかったので、アチコチで写真撮影をしてしまったが、ここには掲載いたしません。



◆ 7/13 小樽観光 ⇒ 余市観光 ⇒ 定山渓温泉

小樽高島漁港・海鮮料理「海鱗丸」
余市・ニッカウイスキー工場



◆ 7/14 定山渓温泉 ⇒ 札幌市内 ⇒ 千歳空港 ⇒ 羽田空港

定山渓ビューホテル前