北海道・函館/松前旅行
2009年5月6日 〜 9日
前に戻る

 昨年7月の「函館・江差・松前」旅行の際に、桜の季節に再び松前城下を訪れようと考えていましたが、念願かなってGWの終わりに実現できました。昨年末から観る景色に白い靄がかかったようになり視力が低下していましたが、4月に入って思い切って「白内障」の手術を受けクリアに見える状態での旅行が出来て満足しています。しかし、松前城下の桜が鷽(ウソ)に花や蕾を啄ばまれ寂しい開花状況だったのが残念でした。
【参考】ウソ(鷽、学名:Pyrrhula pyrrhula)は、スズメ目アトリ科の鳥。名の由来は口笛を意味する「おそ」から来ており、ヒーホーと口笛のような鳴き声を発することから「ウソ」と名付けられた。その細く、悲しげな調子を帯びた鳴き声は古くから愛されている。体はスズメよりやや大きく、全長15cm、翼長8.5cm。頭の上と尾、翼の大部分は黒色、背中は灰青色。くちばしは太く短く黒い。ヨーロッパ、アジアの北部に分布する。冬季に北方に生息して南方へ移動する。日本では、本州中部以北で繁殖し、冬は九州以北の暖地に移動する。また、冬鳥としても渡来する。山地の樹林に住み、枝の上に椀形の巣を作る。木の実や芽、昆虫などを食べ、時にはサクラ、ウメなどの花や蕾もエサとなる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



◆ 5/6 羽田空港 ⇒ 函館空港 ⇒ 湯の川温泉
                          「ホテル平成館・海洋亭」泊

 羽田発が13時15分とゆっくりだったので体調は絶好調。
 14時40分頃に函館空港に到着。バスで10分弱で湯の川温泉に着く。近くのローソンでビールと焼酎を買ってからホテルにチェックインしたが、ホテルの売店のビールや焼酎の値段もローソンと大差なくわざわざコンビニを利用して損した気分になった。
 ビールで喉を潤し一休みしてから、市営の熱帯植物園をブラリと見学。その後、ブラブラと散策しながら、市電・湯の川温泉駅近くで「足湯」を楽しんだ。夕食は、ホテルのバイキング料理。そして、買っておいたビールと焼酎で酔っ払って就寝した。




◆ 5/7 函館市 ⇒ 松前町
                          「旅館丹波屋」泊

 朝、チェックアウト後に、レンタカー屋のお兄さんに迎えに来てもらい、空港近くのレンタカー屋まで戻り車をレンタルした。松前町まで2時間ほどのドライブだ。手術した眼の調子は万全だ。天気が良いので、レイバンのサングラスをして左手に津軽海峡を見ながらのドライブを楽しんだ。旅館到着が正午頃だったので、荷物を預けて早速、松前城下をブラリと歩いて「蝦夷寿司」に向かった。昼食後、念願だった花見に出発!でも、寿司屋の話しでは、今年の桜は鷽(ウソ)に花や蕾を啄ばまれて期待できないと聞いていたので心配だったが、案の定、花の絶対量が不足気味でチョット残念でした。
松前・八重衣
松前・南殿
松前・夕映霞
松前・優雅
松前・八重十月桜
松前・光善寺血脈桜
松前・龍雲院蝦夷霞桜
松前・龍雲院芝山

旅館丹波屋の夕食
【感想を一言】

 部屋に冷蔵庫、エアコン、トイレ、風呂はなく、民宿に毛が生えたような宿だったが、食事は素晴らしく満足できた。夕食は、姫アワビ、ウニ、イカ・鮪・ヒラメ・アワビの刺身、鰈の煮付け等々品数も多く、思わず酒が進んでしまいました。
 宿泊料金は、一泊6,300円、10,500円、12,000円の三段階です。料理は宿泊料金に応じて異なります。写真の料理は、10,500円のコースです。
 風呂は人工温泉で24時間入浴可能で、空いていれば家族風呂にしてもらえますが、二人入れば満員状態で自宅の風呂場と変わりなくいまいちでした。
 犬や猫のペットの宿泊もOKで、ペット好きの方には最適です。
 旅館丹波屋
 【住所】〒049-1505 北海道松前郡松前町博多5
 【電話】0139-42-2358



◆5/8 松前町 ⇒ 函館
                          「チサングランド函館」泊

 朝9時30分に宿をチェックアウトした際に、宿の女将さんから「娘さんと一緒の旅行で良いですね!」と言われショック!!「娘ではなく、恋人なのですが」とも言えず、笑ってごまかした。
 前日に下見しておいた「熊野屋」で「そうらん漬け」や「塩辛」をお土産に買い函館まで車で戻った。今日のホテルは冷蔵庫があるので買ったものも安心です。正午近くに五稜郭に到着。有料駐車場に車を止め、五稜郭公園内を散策した。桜は大部分が散っており、幼稚園児のグループがあちこちでお弁当を広げて騒いでいた。

五稜郭・両陛下御来道記念の桜


五稜郭・正面入り口
 昼食は寿司にした。函太郎・五稜郭店で昼食を済ませてから、六花亭・五稜郭店を下見に出かけた。お土産は最終日である明日買うことにして、宝来町のホテルに向かいチェックインを済ませ、ベイエリアに向かった。ここで、明治館に「花畑牧場」が出店していることを知ったが、今日はソフトクリームを食べるだけにして「生キャラメル」は明日帰る直前に買うことにした。夜は、昨年の夏にお店の休みに当たってしまい涙を飲んだ「阿佐利本店」で「すき焼き」を堪能した。そして、夜の函館山のロープウェイ乗り場まで急な坂道をフーフー言いながら歩いて上った。さすがに夜の函館山は風が強く寒かったです。
函館・明治館の花畑牧場
阿佐利本店のすき焼き
夜の函館山は寒かった
函館山は風が強かった



◆5/9 函館 ⇒ 函館空港 ⇒ 羽田空港

 ホテルを10時にチェックアウト後、昨夜予約しておいたコロッケを「阿佐利本店」で受取り、船見町に向い、外国人墓地、高龍寺、称名寺を見学してから五稜郭に向かい「六花亭」で買い物をした。昼時になったので「麺厨房あじさい」で食事をした。人気店で二階入口への階段に並んで待つことになった。あっさり塩味で中々美味しかった。それから、昨日発見した花畑牧場のあるベイエリアの明治館に向かいあの「生キャラメル」と宮崎県とのコラボ商品の「マンゴー生キャラメル」をお土産に買い函館空港への帰路に着いた。
高龍寺山門
称名寺・新撰組土方歳三供養塔