軽井沢旅行
2009年2月24日 〜 25日
前に戻る



一日目  今回は、TVで観た直行バスによる奥軽井沢への旅にトライしてみた。

 出発地点である西新宿の新宿センタービル前に通勤客にもまれながら向う。ここは、何台もの大型観光バスが集うメッカだ。集合場所に待っていたのは2008年より導入されたというドイツ製の超豪華バス「ベガス」。高級感溢れる内装、体重85キロの私でもゆったりと座れる広々とした脚も伸ばせるシートがグーである。ガイドさんがいてコーヒーかお茶の無料サービスが出た。飛行機の機内用のスリッパも付いていた。これは帰り用に各自持ち帰る必要がある。

 そして小雪が舞い落ちる中、寒さで曇る窓ガラス越しに妙義山を眺めながらバスは奥軽井沢へ向う。途中トイレ休憩があり4時間弱、軽井沢駅に到着。

 ここで荷物をバスに残し、小雪の降る中、歩いて軽井沢アウトレットのプリンス・ショッピング・プラザに向かう。荷物は勝手にホテルに運んでくれるシステムである。運悪く、EASTは休みでNew WESTしか開いていない、ちょうど昼時なので味の街をウロウロしてイタリアンレストラン「ボンデール」でパスタとピザと赤ワインで昼食をとった。

 それから、連れの彼女の目的であるバッグや衣料品関連のお店が連なっているアウトレットを右往左往した。LEVI'S、LACOSTE、COACH、その他、私の知らないブランド店がたくさんある中を嬉しそうに活き活きとショッピングするパワーは凄い。

 再び軽井沢駅に戻り、ホテルの送迎バスで奥軽井沢の「ホテルグリーンプラザ軽井沢」へ到着した。ホテルの周りは一面の残雪である。さすが奥軽井沢である。風呂は浅間山麓の地下1600メートルから湧き出る源泉かけ流し。夕食はお食事処「セラヴイ」でステーキと握り寿司がメインのバイキングを楽しんだ。





二日目

 翌日は氷雨の中を、ホテルに荷物を預けて送迎バスで軽井沢駅に向った。そして、静かなたたずまいの中にある「ショーハウス記念館」、「ショー記念礼拝堂」、「聖パウロカトリック教会」を見学したりして軽井沢を散策した。昼食にTVで知ったフレンチ・レストラン「ル・シェモア」を探したがお店は休みだった。残念!

 帰りは、預けた荷物とともに軽井沢駅に寄ってくれた超豪華バス「ベガス」で西新宿への帰路についた。冬の軽井沢をチョッピリ堪能した小旅行であった。


ショーハウス記念館

ショー記念礼拝堂

聖パウロカトリック教会



ショーハウス記念館
 明治21年アレキサンダー・クロフト・ショー師が建てた軽井沢で最初の別荘。昭和61年に軽井沢ショー記念礼拝堂横にショーハウス復元委員会によって復元され現在にいたっています。

ショー記念礼拝堂
 旧軽井沢銀座商店街を通り抜けた旧中仙道に面した木立の中に佇む木造の簡素な礼拝堂です。現在の礼拝堂の原形は1895(明治28)年に軽井沢最初の教会建造物として建立され、その後増改築を行い現在の形になりました。

聖パウロカトリック教会
 板葺きの三角屋根が目印の軽井沢ではシンボル的な教会です。場所的にも旧軽井沢銀座から1本奥に入ったところと恵まれていて、夏場には多くの観光客が足を運んでいるようです。