昭和の子供 大分・湯布院旅行
2012年2月25日 〜 28日
前に戻る



◆2月25日 羽田空港 ⇒ 大分空港 ⇒ 大分市
                      「大分センチュリーホテル」

「ふぐちりコース」
小鉢、ふぐ刺し、ふぐちり、雑炊、香の物

 羽田発が10時30分、12時10分には大分空港に到着した。今回は天気が悪いので、とりあえずレンタカーで大分に直行する、途中から小雨が降り出し最悪の出だしである。「大分センチュリーホテル」にチェックイン。一息いれて「天然温泉スパリゾート・サマサマ」に向かい、温泉に浸かって夕方までのんびりと旅の疲れを癒した。ここは、いつ来ても混んでいないのが良い。

 夜は予約した河豚料理の店「ぶるーむ」に向かい「ふぐちりコース」とヒレ酒を堪能した。久しぶり(大分では4年振り)に食べたフグの肝は、まったりして美味しかった。




◆2月26日 大分市 ⇒ 佐賀関 ⇒ 風連鍾乳洞 ⇒ 湯布院
                       「やわらぎの郷やどや」

 朝は、チェックアウト時間まで、のんびりしてから佐賀関に向け出発。佐賀関ではいつも行く「関の瀬」で、関サバ寿しと期間限定の海春丼の昼食をとった。
関サバ寿し(\3,500.-)
海春丼(\1,500.-)
 昼食後に、予定していた「原尻の滝」は冬場は水量が少なく見応えが今一とのことで、ホテルの駐車場のおじさんが勧めた「風連鍾乳洞」に行ってみることにした。
 今回のレンターカーは、いつもの1300ccと違い1500ccなので、運転が楽である。天気は相変わらずの曇天である。風連鍾乳洞は、観光客がほとんどいなくてガラガラである。鍾乳洞の中は15度と暖かく湿度が高くカメラのレンズは曇るしコートは邪魔になるしでさんざんであった。それから、由布院温泉に向かう途中で、カーナビが幹線道路でない抜け道を案内するので、途中まで初めてのわけのわからない細い山道を走らされ不安であった。抜け道に詳しいカーナビも考えものである。



 ゆふいん狭霧台で一休みして、途中コンビニで買い物をしてから由布院温泉街にはいった。「やわらぎの郷やどや」にチェックインして、貸切露天風呂「五右衛門」を予約して、部屋でビールで乾杯してから、貸切露天風呂でのんびり過ごした。由布岳を望める露天風呂には、五右衛門風呂もあり、裸で記念撮影をしたが湯気モウモウでなかなかGoodでした。
 夕食は、足湯付きの食事処で、ぬくぬくとしながら地鶏のスキヤキをいただいた。

五右衛門風呂
足湯付きの食事処



◆2月27日 湯布院 ⇒山香温泉
                       「山香温泉・風の郷」

 朝起きると直ぐに、由布岳が見える貸切露天風呂「やわらぎの湯」にはいった。チェックアウト後、車は宿の駐車場に置いたまま湯布院の町を散策、亀の井別荘の「鍵屋」や湯の坪通りでお土産を物色し、お土産を買った。
 JR由布院駅近くのレアチーズケーキが美味しいという
「YURARI」に立ち寄ってみたが売り切れであった。午後2時に第二弾が出来上がるというので午後に再度来ることにした。三種類のチーズを原料にしての手作りなので、一度に沢山はできないらしい。








 そこで、昼食をとることにしたが、玉の湯の「葡萄屋」がランチ営業をやっていないとのことで、亀の井別荘の「湯の岳庵」でミニコースの昼食を取った。午後2時頃に、車で、再度JR駅前の「YURARI」に立ち寄りレアチーズケーキを買い、山香温泉に向かった。
「湯の岳庵」ミニコース


風の郷の部屋
YURARIのレア・チーズケーキ(美味しかった!)



◆2月28日 山香温泉 ⇒ 宇佐神宮 ⇒ 昭和の町 ⇒ 大分空港 ⇒ 羽田空港

 朝6時半に起床、ガラガラの貸切状態の大浴場でのんびりと朝風呂だ!そして、7時半に朝食バイキング。部屋に戻って、部屋のかけ流しの風呂に彼女と一緒に入りのんびりした。チェックアウト後、宇佐神宮に向かう。再びカーナビが駐車場もない宇佐神宮の裏の方へ案内した。通りがかりの広場でゲートボールに興じていた老人たちが怪訝な顔をして闖入者である我々の車を見ていた。こりゃ、どうも、お呼びでなかった様でした。
 再び来た道を戻って幹線道路を宇佐神宮の有料駐車場に向かった。宇佐神宮の境内はやたら広い。まだ、時間が早いのか、人影はまばらである。本宮をお参りして、下宮に向かう頃になって、すれ違う観光客が増えてきた。観光バスが着いたらしい。


 そして、豊後高田市の「昭和の町」に向かった。無料の駐車場があるとのことで、探し回ったが見つからない。「昭和ロマン蔵」の総合案内所で確認すると無料駐車場は廃止になったので有料駐車場に止めるしかないという。昭和ロマン蔵の見学を終えて外にでると雨が降ってきた。昭和の町は、傘をさして寒い中を雨の散策となった。

豊後高田市観光まちづくり株式会社のサイトからダウンロードしたマップです

 雨が本降りになる中、ちょっと遅めの昼食を豊後高田手打ちそば認定店の「そば処 響(ひびき)」でとった。しかし、行く道がちょっとわかりづらく「昭和ロマン蔵」の総合案内所で道順を教えていただいて、豊後高田市立図書館を目指して、図書館の駐車場を利用させていただいた。その後、飛行機の時間までの時間つぶしに、杵築市の「ふるさと産業館」に向かった。

 丁度、ふるさと産業館の2階で手作りひな人形の人気投票を開催していたので、子供の部、大人の部にそれぞれ投票してきた。以下の写真は、私の独断と偏見で選んだ作品の写真である。

 19時発のANA200便にて羽田に向かった。羽田着が20時25分であった。